「実践型・IT技術者養成研修」

習得スキル

HOME | 習得スキル
研修で習得できるスキル

「実践型・IT技術者養成研修」では、実際のシステム開発業務に必要な大きく2つのスキルを習得できます。1つ目は「仕事のやり方」、2つ目は「システムの作り方」です。
 
仕事のやり方
  作業計画思考法

仕事として自分がやるべきことを正しく理解し、作業の段取りを組み、実行するという、全ての仕事の土台となる方法です。

  ビジネスコミュニケーション

仕事を行う上で欠かせない、読解、質問、確認、合意、報告、連絡、相談、説明、提案、依頼、資料作成などの基本プロトコルです。

  
     
  これらのスキルは、研修の全体を通して徹底的に指導する重要スキル項目です。研修期間中に何度も繰り返し実践し続けることで、心と体に染み込ませます。
     
 
 使用ITツール

仕事のやり方を習得する際に以下のITツールを使用します。

使用ツール

  
 
  
システムの作り方
  システム開発方法論

コンピュータを活用した情報システムを開発するための方法論であるSDLC(System Development Life Cycle:システム開発ライフサイクル)をベースとしたシステム開発業務の土台となる作業工程です。

     
  これらのスキルは、研修の後半(自由課題以降)で、実際に業務で利用している本物のシステムに「新しい機能を追加する」という、実務と同じ開発作業タスクを行うことで実践的に習得します。
本物のプロジェクトルーム、開発PC、開発ツールで作業することにより、実際の開発実務と同じ経験をすることができます。
     
 
 使用言語、フレームワーク

システムの作り方では、以下の言語、フレームワークを使用します。

使用言語、フレームワーク
 使用ITルール

システムの作り方では、以下のITツールを使用します。
 
使用ツール
  作成ドキュメント

システムの作り方では、以下の開発ドキュメントを作成します。
・要件定義     
・画面設計     
・プログラム設計
・テスト仕様  
・作業計画   
・ガントチャート
 ・フローチャート 
 

お問い合わせ

CONTACT



「実戦的・IT技術者養成研修」はIT技術者を養成したい企業様向けの研修サービスです。研修内容の詳細を知りたい、研修について相談したいなどのご要望がございましたら、お手数ですが下記よりお問合せをお願いいたします。